豊胸手術で起こり得る失敗例をチェック

脂肪注入法

バッグ挿入法 / 脂肪注入法 / ヒアルロン酸注入 / 豊胸手術に失敗をするとは

この他にバッグ挿入法ではリッピングというリスクが、起こるケースも挙げられます。
バッグ挿入法を受けた方の約数パーセントに起こる確率があるリスクで、シリコンを入れた部分が段差となり、バストの形が崩れてしまうのが特徴です。
リッピングもシリコンを取り替えるなどの手術や、場合によって段差となっている部分に脂肪を注入して形を整える必要があります。
自分の脂肪をバスト部分に注入して、バストアップできる脂肪注入法では、バストにしこりが出来るという失敗例が起こるようです。
脂肪注入法でバストに注入した脂肪が、定着しないと硬いしこりのようなものになってしまいます。
脂肪を細かく注入すれば、しこりが出来るリスクは少ないのですが、一か所に大量の脂肪を注入してしまった場合、定着せずにしこりになるケースが多い傾向にあります。
また、脂肪が定着せずにほとんどバストアップの効果を得られないという、失敗も脂肪注入法で起こりやすいリスクです。
バストに脂肪を注入する前、自分の体についている余分な脂肪を吸引する施術を行います。
この時、脂肪の吸引量が均一でなかった場合、皮膚がデコボコになるという後遺症が起こるので注意が必要です。
脂肪注入法でバストアップする場合、豊胸手術はもちろん脂肪吸引に対しても、技術・知識が高い医師かどうか確認する事をおっすすめします。