豊胸手術で起こり得る失敗例をチェック

ヒアルロン酸注入

バッグ挿入法 / 脂肪注入法 / ヒアルロン酸注入 / 豊胸手術に失敗をするとは

メスを使わずにバストアップできるヒアルロン酸注入法は、豊胸手術の登竜門的な存在です。
弾力性のあるヒアルロン酸を注射器のような器具で、バストに注入する施術を行います。
ヒアルロン酸注入法の場合、しこりが出来てしまうリスクが報告されています。
脂肪注入同様、一か所にヒアルロン酸を注入してしまうと、その部分がしこりになりやすいのです。
また、繰り返しヒアルロン酸注入法を行うと、バストが硬くなりやすいと言われています。
バッグ挿入法・脂肪注入法・ヒアルロン酸注入、この3つの手術で起こるリスクとしては、石灰化が有名です。
手術を受けた刺激によってカルシウムが溜まり、その部分が石灰化して硬くなるのが特徴です。
このように、豊胸手術はどの施術法でも、失敗や後遺症のリスクが付きまといます。
少しでもリスクを減らすには手術に対して知識や技術、そしてセンスを持つ信頼できる医師を見つけて、施術を行ってもらうという事が大切です。