豊胸手術で起こり得る失敗例をチェック

バッグ挿入法

バッグ挿入法 / 脂肪注入法 / ヒアルロン酸注入 / 豊胸手術に失敗をするとは

ʕ •㉨•ʔ豊胸手術失敗したみたいな感じだなw

— 卯堂@家涼会に入信しました (@loadofbear) 2018年8月4日
バストの悩みを解消できる豊胸手術は、美容外科で受けられる整形手術の中でも特に人気です。
ただし、必ず手術が成功するという事はなく、やはり失敗例も報告されています。
豊胸の手術を受けたいという場合は、どのような失敗例があるのかを確認して、出来るだけリスクを回避するよう気を付けましょう。
豊胸手術には色々な種類がありますが、バッグ挿入法・脂肪注入法・ヒアルロン酸注入法に大きく分けられます。
美容外科であれば大半のクリニックで受けられる、ポピュラーな豊胸手術です。
バッグ挿入法はバストにシリコンを挿入して、バストアップの効果を得る手術となっています。
シリコンの大きさによっては、3カップ程度バストアップする事が可能です。
このバッグ挿入法で起こりうるリスクといては、カプセル拘縮が挙げられます。
シリコンは体にとって異物です。
人の身体は異物が体内に入ってしまった場合、その周りを囲むように薄い膜が形成されます。
シリコンの周りに膜が作られる反応が強いと、どんどん厚い膜が作られてしまいバストの形が崩れたり、固い手触りになってしまうのです。
このような状態の事をカプセル拘縮と言います。
シリコンを囲むように作られた膜は自然に無くなるという事はなく、シリコンの抜去や入れ替えでしか解消出来ません。

豊胸手術を受けたのですが失敗に終わりました

神奈川県の会社に勤めています。高校生のときから大きな悩みを持っていました。それは胸に関することです。私の場合、胸の大きさが左右で違っています。それはおそらくは先天的なものであったのでしょう。原因はともあれ、左右で大きさが違うことが嫌で嫌でたまりませんでした。いろいろ考えた結果、豊胸手術を受けることで左右の胸のアンバランスをなくそうと決意したのです。私にしてみれば、今後の人生を考え、いつまでもコンプレックスを引っ張り続けることに耐えられなかったのです。私にしてみれば清水の舞台から飛び降りたつもりの大きな決断でした。ネットで調べた情報では、左右の差をなくすために豊胸手術を受けることは珍しくないということも知りました。ネットで好意的な口コミ情報が多い美容外科に行って豊胸手術を受けたのです。ただ仕上がりを見ますと、なんと豊胸手術を受ける前以上に左右の差が目立っていて、しかも片方の形がいびつになっているのに気がつきました。その美容外科の先生にも伝えたのですが、もう一度、豊胸手術を受けるしかないとのお返事でした。しかも、全く同様に費用を負担しなければなりません。豊胸手術の失敗としが言いようがなく納得が行きません。

豊胸手術 しこり : トラブル解決情報サイト